会社案内

KANEYOSHIではオリジナルデザインの陶器・植木鉢を販売しております。
きっと植物にぴったりな鉢が見つかるはずです。
重い植木鉢ですが玄関までお届けしますので女性にも安心ですよ。

会社案内はこちら

店長日記はこちら

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
HOME»  商品について

寄せ植え

 
商品について
 
商品の特徴

素焼き鉢はお使いいただくうちに外見上変化が現れます。特に、外国からの輸入品は、一品ずつの状態が異なることが多々ございます。それが製形品にはない「味」であり、「魅力」です。

素焼き鉢の特徴として、以下の点が挙げられます。

 

ヒビが入っている場合があります。
鉢の鉢穴や模様の端にヒビがある場合、これは焼成中の伸縮で起こる焼鉢特有のもので、破損によるヒビとは異なります。たたいて音を聞けばわかります。使用上問題はありません。

欠けている場合があります。
特にアジアからの輸入品は、多少のカケがあるものが少なくありません。多少のカケはご容赦ください。表側など目立つ場所のカケがある商品はもちろんお届けいたしません。

欠けている場合があります。 欠けている場合があります。

白くなります。
鉢内の水分の蒸散を繰り返すことにより、土の成分が浮き出てくることがあります。また、製品によっては薬品を用いて白く加工してあるものもあり、このような商品は個体差があります。

白くなります。

サイズが異なる場合があります。
ハンドメイドの為、職人によりサイズやフォルムに差が生まれます。カタログと印象やサイズが異なる場合があります。

サイズが異なる場合があります。

色ムラが生じます。
焼成時の火の当たり具合により、色ムラが生じます。同じ商品を数個同時にご注文いただいた場合、同じような色のものを揃えて発送するように努力いたしますが、同時注文でない場合はご希望に添えない場合もあります。

また、色つき商品は顔料の垂れやカスレ、濃度のムラがあることがあります。

色ムラが生じます。

かんにゅうは、割れ・ヒビではありません。
陶磁器を制作するときに使われる釉薬は、高温で焼かれた時に、ガラス質になって表面を覆います。窯から出されて急激に温度が下げられた時に、表面のガラス質の部分だけがヒビ割れることがあり、これを「かんにゅう」と呼んでいます。

表層だけのヒビ割れで、陶土や磁土で形成された部分に影響がないので、破損とは見なされていません。毎日の生活の中でも安心してご使用いただけます。むしろこのヒビ割れが、味として好まれる事も珍しくありません。

かんにゅうは、割れ・ヒビではありません。 かんにゅうは、割れ・ヒビではありません。

使う釉薬や焼成温度などで、かんにゅうができる時とできない時がありますが、かんにゅうが入りやすい釉薬をあえて使い、デザインに取り入れている物も多数あります。

かんにゅうが入った陶磁器で紅茶などを飲んでいると、少しずつヒビ割れが目立ってくることがありますが、これは茶渋などが割れ目に入り込んで起こる現象です。気になる時は、水で薄めたキッチン用の漂白剤に浸けておく事で、以前の状態に近づけることができます。

ヒビ割れではなく、本当に割れてしまった陶磁器を接着剤などで着けている物は、表と裏、両方に同じ割れ筋が入っているので、見分けることができます。

 
以上の内容を、商品の特徴として、あらかじめご理解、ご了承していただいたうえで、お買い求め下さい。なお、上記の状態による返品、クレームは一切お受けできません。
 
 
光触媒とは?
 

当店では、光触媒作用をもつ溶液をコーティングした、光触媒フラワーを販売しております。コーティングしている溶液そのもの自体は、酸化も還元もせず、太陽や蛍光灯の光が、空気中の水蒸気などと反応して、悪臭を分解します。

光触媒コーティングのイメージ

お手入れ方法

ほこりがついたら、はたきなどで取り除いてください。

水洗いしても効果は変わりません。