×

CATEGORY

5,500円以上で送料無料!
FAX注文書

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  コンロ(七輪)の使い方

コンロ(七輪)の使い方

コンロ(七輪)の使い方は簡単です。炭火をおこすだけです。
余計な味付けや下ごしらえは不要ですので、「炭火を使ってコンロで焼く」だけで格別に美味しく調理できる道具です。

※炭の後始末だけ、気を付けてください。
 コンロの素材である珪藻土は水に弱い素材ですので、水をかけないようにしてください。

コンロを使う際

十分に換気が行える場所、もしくは屋外でご使用ください。
コンロを使った場所は黒く焦げることがございます。ブロックやレンガなどの上にコンロをのせて使っていただくと安心です。

火のおこし方

1. コンロの底に火皿をのせます。

2. 炭をのせていきます。炭の上に着火剤を置き、マッチで火をつけます。(着火剤がない場合は、新聞紙などで代用可能です。)

3. 火のつきやすい細めの炭を置き、戸口をうちわであおぎます。

4. 火種がついたら、コンロの大きさに合わせて炭を補充し、炭が赤々となるまでうちわであおいでください。

※火をおこす際、使用中に炭爆ぜをおこす場合がございますので、周囲の安全と環境を確認して取り扱ってください。
※通風戸口がある製品の場合、開閉によって火加減の調節ができます。

炭火が弱くなってきたら

炭をトングで崩したり、空気口から空気を送ることによって火力が復活します。

火力調節について

  • 空気口の開閉により火力の調節が可能です。
  • 空気口の開閉のみで100度以上の温度差が作れます。
  • 空気口から、うちわで送風をすると200~300度ほどの温度差が作れます。

炭火の後始末について

※コンロの素材である珪藻土は水に弱い素材ですので、水をかけないようにしてください。

1. 火が消えているのを確認してから、残った炭をトングなどを使い、火消壺へ取り出して消火してください

2. 火皿は取り出して置いておくと、冷めます。

火消壺の購入はこちら

保管方法について

  • 熱いうちに金属部に触れるとやけどをする可能性がありますので、十分に冷めてから運ぶようにしてください。
  • 使用中の本体の移動は避け、使用後の持ち運びは、底の部分を持つようにしてください。
  • コンロは素焼きの状態です。ぶつけたり、落としたりすれば簡単に傷ついたり、割れたりと衝撃に弱いので、お取り扱いにご注意ください。
  • 保管する場合は、湿気の少ない場所に置いてください。珪藻土は吸湿しますので、湿気の多い場所では、水分を含んで表面が弱くなる可能性がございます。
  • 炭も湿気を吸いやすく、次回使う際に着火まで時間がかかる可能性がございますので、炭も湿らないように注意して保管してください。

汚れについて

使用中、油や汁などがこぼれた場合、珪藻土が吸い込みますので、どうしても跡が残りがちとなります。固く絞った雑巾などで、表面についた食材のカスなどを取り除いてください。
尚、サンドペーパーなどで磨くと濃い汚れは多少薄くなりますが、きれいに取り除くことはできません。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
色の変化もまた味わいのひとつとして捉えていただければ幸いです。

お問い合わせ

ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL 0566-41-2615
FAX 0566-41-2616

営業時間 8:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日

お問い合わせフォーム