×

CATEGORY

5,500円以上で送料無料!
FAX注文書

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  三河焼の鉢»  テラコッタ»  【赤色】»  【受皿付】 フラワーロード 7号 赤焼 & MA受皿 6号 赤焼

【受皿付】 フラワーロード 7号 赤焼 & MA受皿 6号 赤焼



【サイズ】                  皿無し⇒ フラワーロード 7号 赤焼  

(鉢)【幅】 約 21.5cm ×【高さ】 約 24cm 【重量】 約 2kg 

(皿)【幅】 約 18.5cm ×【高さ】 約 3.5cm 【重量】 約 0.5kg 

【土の容量】 5L

(当店で販売中の培養土を使用で90%くらい。土の材質によっては異なる場合があります。)

 

  • 【受皿付】 フラワーロード 7号 赤焼 & MA受皿 6号 赤焼

  • 販売価格

    1,400円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【商品説明】

    【安くて丈夫な植木鉢】というのが

    日本製三河焼シリーズの最大の特徴のひとつです。

    さらに、この植木鉢は全自動成型機械を使って製造しています。



    【安い】の理由は機械での大量生産。

    【丈夫】の理由は焼成温度の違いに有ります。

    通常三河焼、酸化焼成(赤焼、白焼系)の

    焼成温度は1100℃位です。

    200℃温度が高いと土の締まりが、

    素焼と比べると強くなり丈夫になります。



    (素焼には、焼きあがった後も土と土の間に空気や水を通す目に見えない微細な隙間が有る。

    赤焼、白焼は、この隙間が焼き締まって小さくなり硬く丈夫になります)

    赤焼、白焼にも通気性、排水性は有ります。



    【鉢の強度、耐寒性】 素焼、いぶし<赤焼、白焼

    【鉢の通気、排水性】 素焼、いぶし>赤焼、白焼

    たかが200℃の違いですが、

    燃料が赤焼鉢は素焼鉢の約2倍必要となり焼成時間も余分にかかります。

    【三河焼】は、植物の生育に良い植木鉢を作っております。

    【日本製ならではの質感】をどうぞ御体感ください。


    赤焼は【三河の赤土】を使用。赤焼も素焼も同じ生地です。

    鉢の色の違いは焼成温度です。

    温度が低い⇒桃色(素焼) 温度が高い⇒赤色(赤焼)




    【商品の特徴】



    ◆ストライプ柄がアクセントになった【とってもおしゃれな植木鉢です】

    MA受皿 6号 赤焼が付いてます。

     (詳しい説明はMA受皿 6号 赤焼のページでご確認ください。)



    ◆フラワーロードシリーズ(カラフル、ホワイトビスク白焼ブラウン)の色違いです。

    ◆内側の段差は、鉢同士を重ねるためにあります。

     (重ねることによって製造、管理時に場所を少なく確保できる。コスト削減)

    ◆予算をかけずに同じ鉢で揃えたいというお客様、

     寒い地方でお使いのお客様に特におススメの商品です。穴有です。



    商品画像】
     

関連商品